AGA(男性型脱毛症)治療は
お薬が開発され進歩しています。

AGA(男性型脱毛症)治療や抜け毛は早めの対策を

男性うす毛治療

about hair_loss男性うす毛治療とは

思春期以降、男性ホルモンに影響を受けるAGA(男性型脱毛症)の進行により、抜け毛が増え目立つようになることが男性には多く、生え際や頭頂部から抜け毛が目立つようになります。当院では飲み薬や外用薬による治療を行います。

※この治療は自費診療です。






〈お薬について〉

□内服薬

・フィナステリド 1mg( 28錠)

 DHTの産生を阻害することで、抜け毛を減らし、AGAの進行を抑えます。

・デュタステリド0.5ml (30カプセル)

 DHT濃度が低下し、ヘアサイクルの正常化がうながされ、毛髪数の増加が期待できます。

□育毛剤

・ミノキシジル 5%(男性用)

有効成分ミノキシジルを5%配合した男性用発毛剤です。壮年性脱毛症における発毛・育毛および、脱毛(抜け毛)の進行予防に効果を発揮します。

抜け毛やうす毛のお悩みは気になっても、自覚することを避けてしまい悪化させてしまうケースも多くあります。しかし、この治療は早めに対策することが大切です。

当院では下記のように「お悩みをお話して頂きやすい、治療が継続しやすい」などの環境づくりを心がけています。気になる症状がある場合はお気軽にご相談ください。

(1)2回目以降はスマホで受診できる「遠隔診療システム」導入(継続しやすい環境整備)

   ●忙しくて通院できない方。

   ●遠方で何度も通院するのが難しい方。

   ※再診は、遠隔診療システムもご利用頂けます。初診時に受け付けでご相談ください。

(2)お悩みはカウンセリングシートに記入(お悩みをお伝え頂きやすくするため)

(3)個室での診療(プライシーの保護に配慮)



男女問わず治療できる「アオハルヘア注射」

お悩みや毛髪の状態に応じて、「上清(じょうせい)エキス」や「ハイブリッドペプチド」を
頭皮に直接注射する治療もございます。


Recommendこんな方におすすめ

  • 抜け毛が増えた
  • 髪にハリ・コシがなくなった
  • 額の毛が抜けて頭皮が目立つ
  • 後ろ姿にの頭皮が目立つ
  • 髪が細く柔らかくなった

治療についての留意点


1 施術時間

診療時間のみとなります。

2 回数の目安

状態に応じて継続をお勧めします。

3 治療前の注意点 ♦肝機能障害のある方は事前にご相談ください。
♦男性成人のみ服用してください。女性には効果が認められていません。妊娠中あるいは妊娠している可能性のある方及び授乳中の方は服用しないでください。
4 治療中の注意点 ♦この治療で服用するお薬(内服)の服用中は献血ができません。献血する場合は、服用中止後1カ月間空けてください。また、このお薬を割って飲まないでください。
♦前立腺がんの検診を受ける予定のある人は、検査を実施される医師にこの治療で服用しているお薬について、お知らせください。
5 治療に伴うリスク ※治療に伴うリスクとして以下の可能性があります。
精力減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、全身倦怠感などの肝機能障害、乳房障害(乳房のはれや痛み)
このような症状が現れた場合は使用をやめて、診察を受けてください。

治療価格の目安

定価
(税抜)
男性うす毛治療 フィナステリド1mg( 28錠) ¥9,000
デュタステリド0.5ml (30カプセル) ¥12,000
ミノキシジル5%(男性用) ¥7,200