肌の生まれ変わりを促す治療

ニードリングと薬剤で肌を改善

アオハルダーマペン

about dermpenアオハルダーマペンとは

アオハルダーマペンとは、皮膚が自然に創傷治癒する作用を利用して、肌自体のコラーゲン生成を誘導したり、ニードルリング(ニードルで皮膚に開ける極小の穴)を通して、薬剤の皮膚浸透性を高める治療法です。

ニキビ跡(アクネスカー)・小じわ・毛穴の開き・毛孔性苔癬などに効果があります。



アオハルダーマペンの特徴

施術部位


Recommendこんな方におすすめ

  • ニキビ跡が気になる
  • 小じわが気になる
  • 毛穴の開きが気になる
  • 肌のブツブツが気になる

治療についての留意点

お顔の施術の場合
1 施術時間 フルフェイス:80分(麻酔時間含む)
2 施術回数 通常、数週間の間隔を開けながら、複数回の治療を行います。
3 ダウンタイム ♦治療は出血を伴います。
♦治療直後は、赤み内出血が出ます。1~2日で落ち着きます。
♦治療後、麻酔が切れたのち、当日は火傷のようなヒリヒリとした痛みを感じる場合があります。
♦まれに肌全体が赤く反応し、かゆみを感じる場合があります。数日~1週間程度つづくことがあります(個人差があります)が、これらは一時的な反応のため心配要りません。その後、ぽろぽろと垢のように皮膚が剥がれ落ちますが、こすり取らず保湿してください。赤みやかゆみが長引く場合は、ご連絡ください。
♦人によっては、炎症後の色素沈着で一時的に褐色調に肌色が濃くなる場合があります。通常は2~3か月でだんだん薄くなっていきます。(個人差があります。)
♦治療した日から入浴は可能です。赤み・ヒリヒリ感が残っている場合は、長時間湯船につかるのは避けてください。(温めると炎症が増悪する可能性があるためです。)
4 治療前の注意点 ♦麻酔クリームを皮膚に30分ほど浸透させた後に、治療を開始します。麻酔アレルギーのある方はお申し出ください。場合によっては、適切なニードルの設定を決めるためにテストを行います。
5 治療後の注意点 ♦日焼けはしないでください。皮膚が露出する部位には日焼け止め(SPF50 PA++++以上)を使用し、紫外線によるダメージの防止を心掛けてください。
6 治療に伴うリスク ※治療に伴うリスクとして以下の可能性があります。
赤み・皮下出血・腫れ・かゆみ・乾燥・色素沈着・瘢痕・ケロイド・化膿・陥凹・使用薬剤によるアレルギー反応(局所麻酔・内服薬・外用剤等)
7 治療できない方 極度に日焼けされている方 / 治療後に日焼けする予定のある方 / 妊娠中、あるいはその疑いがある方 / 医師が治療不可能と判断した方

治療価格の目安

アオハルダーマペン
(麻酔代¥2,000が別途(税抜)必要となります。)
フルフェイス ¥50,000 -
オプション薬剤 ¥30,000 -