溶ける糸を使った
切らないリフトアップ

スレッドリフト(糸リフト)

スレッドリフト(糸リフト)

about N-cogスレッドリフト(糸リフト)とは

スレッドリフトは、糸によって顔のたるみやシワを改善する治療です。
ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインなどを対策します。

※この治療は自費診療です。


女性の顔にスレッドリフトの施術をする様子



アオハルクリニックでのスレッドリフトは、施術時間が短く、ダウンタイムの少ない非固定型(floating type)のスレッドリフトです。メスは使いません。コメカミや耳の前に局所麻酔の注射をし、針孔を開け、そこから皮下脂肪層に糸の入ったカニューレを挿入。糸を留置しカニューレを抜き取ります。糸にはコグ(ぎざぎざ)がついており、組織をしっかつかみ取りますので、たるんだ頬の皮膚を引き上げます。

スレッドリフト(糸リフト)は、1980年代後半に欧米で始まり、2000年代前半から盛んに形成外科学会誌などに論文が掲載されるようになりました。2004年には米国食品衛生局FDA認可のフェエイシャルリフティング用の糸も登場しました。2010年代からは、それまで主流だった溶けない糸から、溶ける糸を用いたスレッドリフトの評価が高まり、日本や韓国などで広く行われるようになりました。

アオハルクリニックでも安全性の観点から、溶ける糸(吸収糸)でスレッドリフトを行っております。溶ける糸は、効果の持続期間に限界はありますが、処置後の回復が早く、感染のリスクも低く、異物反応もとても少ないので何度でも繰り返し行えます。


当院では、コグ付きの溶ける糸を2種類採用しております。
・PDO糸(Polydioxanone ポリジオキサノン)
・PCL糸(Polycaprolactone ポリカプロラクトン)


PDO糸 ~N-COGリフト エヌコグリフト~

N-COGの糸の構造図


PDO糸を用いたスレッドリフトです。
PDO糸は、吸収性の糸で外科用縫合糸として長く広く使われてきた安全性の高い糸です。加水分解により徐々に吸収され、最終産物は尿で排出されたり、CO2として呼気より排出されたりします。
体内炎症反応、異物反応も非常に少なく、広くスレッドリフト用の糸にも用いられてきました。
吸収されるスピードは、6~8か月と短いのですが、とくにPDOが素材のN-COGでは、動物を使った安全性試験も行われており、また同時に組織のコラーゲン増生や、血管新生、結合織強化などが認められています。PDO糸スレッドリフトのヒトでの臨床試験では、患者の87%が効果に満足し、リフト効果のほかに、肌のテクスチャーが良くなる症例も認めています。
当院採用のN-COGは、N-Cog Spiral PDO Threadです。360°、多方向(Multi-direction)にコグのついたリフト力の強い糸です。



PCL糸 ~VOVlift ボブリフト・プレミアム~

PCL糸を用いたスレッドリフトです。
吸収されるまでの期間が24か月と長期なため、PDO糸よりスレッドリフト効果の持続が長いのが特徴です。
吸収の遅い糸は固く、施術後しばらく痛みの副作用がありますが、ボブリフトはしなやかなため痛みはあまりありません。





スレッドリフト治療の流れ

1. 洗顔
 クレンジング剤と洗顔料で、メイクや皮脂、汚れをきれいに落とします

2. 診察
 症状や肌状態を医師が診察し、スレッドリフトの適応や、必要な糸の本数を決めます

3. 撮影
 施術前のお顔の状態を撮影します

4. デザイン
 糸を挿入する場所をデザインしマーキングします

5. 消毒
 髪や襟元を清潔な施術紙で覆い、お顔を消毒液で拭きます

6. 局所麻酔
 スレッドの刺入部に麻酔薬を注射し、続いてカニューレの通り道に麻酔薬を浸透させます

7.処置
 カニューレをデザイン通りに皮下に挿入し、スレッドを留置します

8. クーリング
 刺入部位をテープで保護し、お顔をクーリングします

9. 施術終了      
 保湿スキンケアをしていただきます。また当日からメイクも可能です

施術可能部位

N-cog施術可能部位

Recommendこんな方におすすめ

  • フェイスラインを引き上げたい
  • ポニーテールをしたときのようにたるみを引き上げたい
  • お肌のテクスチャーを良くしたい
  • 手術まではしたくない
  • ほうれい線を自然に目立たなくしたい
  • 小顔になりたい
  • マリオネットラインを浅くしたい

Efficacy症例紹介

スレッドリフトの顔正面の症例写真

【症例1】治療回数と費用
N-COG(1回10本)300,000円
(※2019年11月現在 / 税抜き価格)
【症例2】治療回数と費用
PDO糸(1回8本)240,000円 麻酔2,000円 薬代4,800円
(※2019年11月現在 / 税抜き価格)

治療についての留意点

お顔の施術の場合
1 施術時間 60分
2 回数の目安 1回〜数回
※半年〜1年効果が持続します。
3 ダウンタイム ♦注射の跡が残りますが自然に消えます。
♦3〜4日絆創膏を貼って頂きます。
♦絆創膏を貼っている注射部位はメイクできません。
♦刺入部のくぼみと出っ張り、頬の引きつれやツッパリ感、頬のくぼみ。
♦施術後は痛み・むくみ・腫れ・内出血が出ることがあります。1~2週間続くこともありますが、徐々に落ち着いていきます。また、しばらくの間は、違和感、ツッパリ感、痛み、刺入部位(糸の入り口)のくぼみ、ひずみ、色素沈着等の症状が見られる場合がありますが、次第に改善されます。
4 治療に伴うリスク ※治療に伴うリスクとして以下の可能性があります。
痛み・熱感・発赤・腫脹・皮下出血・凹凸感・青みがかった皮膚色・左右差・アレルギー反応、耳下腺損傷、神経損傷、血腫
♦施術箇所に局所麻酔の注射をします。まれに麻酔によるアレルギーや接触性皮膚炎が起こる事があります。

治療価格の目安

定価
(税抜)
5回コース価格
(税抜)

N-COG スパイラル※4

1本
※最小単位4本から行います
※治療の目安は標準10本です。
¥30,000
ボブリフト プレミアム※5

1本
※最小単位2本から行います
※治療の目安は標準4本〜10本です。
¥50,000
※4 10本以上は薬代込みの価格となります。4本〜9本までは別途薬代(内服代4,812円及び、麻酔代2,000円)がかかります。

※5 薬代込み(内服代4,812円及び、麻酔代2,000円)の価格となります。